会社概要

沿革沿革

1960年代

1962年06月
ポリアセタール樹脂(POM)・ジュラコンの輸入販売開始
1964年05月
日・米の総合化学会社、ダイセル化学工業株式会社、セラニーズコーポレーション両社の合弁会社
としてポリプラスチックス株式会社を設立(資本金16億円)
1968年09月
富士工場竣工・ジュラコンプラント完成(年産7,500トン)

1970年代

1970年10月
ポリブチレンテレフタレート樹脂(PBT)・ジュラネックスの輸入販売開始
1971年01月
プラスチックスサービスセンター、富士に完成(1975年4月テクニカルサービスセンターと改称)
1978年07月
ポリプラナイロン66の輸入販売開始

1980年代

1984年05月
テクニカルサービスセンター新館、富士に完成
1984年11月
富士工場PBTポリマープラント完成(年産ジュラネックス換算10,000トン)
1985年12月
液晶ポリマー(LCP)・ベクトラの輸入販売開始
1986年10月
呉羽化学工業株式会社とPPS樹脂フォートロンにつき業務提携し開発販売開始
1987年08月
研究開発センター新館、富士に完成
1988年10月
ポリプラサービス株式会社を設立

1990年代

1994年08月
宝理塑料(中国)有限公司を設立《香港》
1995年10月
富士工場ジュラコンプラント設備拡張(年産100,000トン)
1996年02月
富士工場ベクトラポリマープラント完成(年産2,800トン)
1996年10月
ポリプラスチックス マーケティング(T)リミテッド社を設立《タイ・バンコク》
1996年10月
宝理塑料(上海)有限公司を設立
1997年03月
ポリプラスチックス アジア パシフィック社を設立《マレーシア・クアラルンプール》
1997年07月
ポリプラスチックス アジア パシフィック シンガポール社を設立《シンガポール》
1999年02月
研究開発本部の環境マネジメントシステム(ISO14001)認証取得
1999年04月
富士工場の環境マネジメントシステム(ISO14001)認証取得
1999年08月
マレーシア、クアンタン工場コンパウンド設備稼働開始

2000年代

2000年03月
マレーシア、クアンタン工場、アセタール・コポリマーの製造販売開始(年産30,000トン)
2000年06月
電気卸売事業開始(東京電力に対し)
2000年07月
帝人株式会社と合弁によりウィンテックポリマー株式会社を設立
2001年12月
品質に関する国際規格ISO9001-2000の認証取得
2002年03月
タイ国立技術研究所とのエンプラ技術の相互協力提携
2002年09月
中国における年産6万トンのポリアセタール樹脂製造プラント 建設
プロジェクトの合弁基本契約調印
2003年01月
ダイセル化学グループによる開発支援ビジネス「PLAMOS」を開始
2003年07月
中国・南通市において宝泰菱工程塑料(南通)有限公司
(英文社名:PTM Engineering Plastics Co., Ltd.)のPOM製造プラント起工式を挙行 ( 略称:PTM)
2004年04月
環状オレフィン・コポリマー(COC) 「TOPAS®」の輸入販売を開始
2004年05月
本社事業所を霞が関ビルからJ R品川イーストビルに移転
2004年11月
ISO/TS 16949認証取得
2005年05月
PTM南通工場、アセタール樹脂製造開始(年産60,000トン)
2005年10月
10月 PTM・南通工場、アセタール樹脂製造開始(年産60,000トン)
2006年01月
環状オレフィン・コポリマー(COC) 「TOPAS®」の事業買収
2007年12月
上海に中国テクニカルソリューションセンターを設立
2008年04月
ポリプラスチックスマーケティング(I)プライベートリミテッド.を設立《インド・ムンバイ》
2008年11月
タイにアセアンテクニカルソリューションセンターを設立
2011年12月
ポリプラスチックス コリア社を設立《韓国・ソウル》
2012年03月
宝理塑料(南通)有限公司を設立《中国・南通》
2012年04月
ポリプラスチックス USAを設立《アメリカ・ミシガン州》
2012年09月
LCP Leuna Carboxylation Plant GmbH《ドイツ・ロイナを完全子会社化》
2012年11月
ポリプラスチックス ヨーロッパを設立《ドイツ・フランクフルト》
Copyright Polyplastics Co.,Ltd. All rights reserved.

ページトップへ